家造りにおける設計プランと土地探しの重要性

まずは設計プランを固めよう

家造りを行う場合には、まず最初に設計プランを固めておくことが重要です。プランを固めないままに土地探しを始めてしまうと、数多くの売り物件を目の前にしたときに、どれが自分のニーズに合ったものであるかが分からなくなってしまうおそれがあるからです。設計プランを固めておけば、数ある物件のなかからそれを実現できるものを絞り込めばよいため、購入してから実はイメージしていたような家を建てられないことが判明したというような悲しい事態に陥ることはないでしょう。必ずしも細部まで決める必要はありませんが、少なくとも、建物の形状や広さ、高さくらいまでは固めておくと安心です。

土地探しは妥協しないことが重要

設計プランを固めたらいよいよ土地探しですが、必ずしも100点満点の土地がすぐに見つかるとは限りません。立地は完璧なのに、希望する設計プランの家が建てられなかったり、条件は良いのに金額が予算オーバーであったりといったケースは珍しくないのです。そのような場合に、探しつかれて妥協してしまう人は少なくありませんが、一生に一度の大きな買い物だけに安易に妥協するのは禁物です。特に、多少予算を超過しても希望する家が建つのだからいいのではないかと考えて予定よりも高額の土地を買ってしまうと、後になって家の建築費が確保できなくなったり、住宅ローンの返済に悩まされる羽目になりかねません。土地探しをする際は、探し続ければいつかは希望する物件が見つかるはずと信じて、ある程度時間をかけて取り組むようにするとよいでしょう。

二世帯住宅は親子が同じ建物に世帯を別にして生活する住宅です。距離感の近さがメリットでもありデメリットでもありますが、最近は独立性の高い住宅も提案されています。また最近では娘夫婦との同居も増えています。